2008年06月21日

ファサード。

ファサードとは建築物の正面という意味です。住宅では道路側から見たときの建物の外観のことを言います。エクステリアの計画では、個人の住宅と街並みをつなぐ空間としての視点もこのファサードに求められています。

niwa20.jpg
 
駐車場、門扉やフェンス、階段やアプローチ、植栽などを調整し、動線や視線を整理し、建物とエクステリアが調和するように組み合わせることのほか、街並みとの調和も考えて、まとまりのあるファサードをつくることが望ましいと言えるのです。

niwa19.jpg

と、いろいろなことを考慮しつつ、お施主様の要望を満たす事とデザインを多角的にとらえながら設計し工事を行うわけです。お施主様の判断に委ねつつも、全体を見ながらのアドバイスは欠かすことの出来ない仕事です。工事のメリットやデメリット、出来ることや出来ないことを説明しながら決定していきます。
そして、その外部空間は住む人にとっての心地よさばかりでなく、道往く人にとっても心地よい空間であることが求められるようになってきています。
そういう意味でもこのSi邸は、奥様の育てているバラや草花がステキで、リフォーム工事の前から周囲の目を楽しませる庭であったため、たくさんの方に見られながらの工事となっているのです。


posted by ちぃ at 02:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。